ミラーリングで居心地の良さを引き出す


ミラーリングとは、好意を寄せている相手の仕草や動作を無意識に真似てしまう事を言います。そして自分と同様の仕草や動作を行う相手に対して好意を寄せてしまうことのことも言います。真似や模倣することは相手に対して尊敬したり好意を抱いていることを間接的に伝える行為なんです。そして、自分の仕草を真似るとは、仲間や味方なんだという意識になっていくのだそうです。
ということは、相手に自分を好きになってもらうためにはどうすればいいか、相手の行動を真似てみればいいのです。

しかし、一番最初に言いましたが「無意識に真似てしまうこと」なので、相手にそれが真似しているとばれてしまうとあまりいいものにはなりません。さりげなく、バレない程度にやってみてくださいね。
例えば、相合傘、教科書を一緒に見る、メニューを一緒に見るなど、同じ行動を隣でするのもありです。向かい合って座っている場合は、相手が水を飲むときにさりげなく同時に飲んでみる、相手が髪を触ったときに同時に触ってみるなども有効的です。ずっと真似しているとバレてしまいますので、さりげなく、ほどほどにがいいです。

相手の仕草を鏡のように真似ていくことにより、自分に好意を抱いてもらえるように誘導していくことができます。そして、一緒にいることが心地よくなっていく、居心地の良さを感じてもらうことが距離を縮めるとても大切なポイントになります。ミラーリングを使うことで相手との距離をグンと近づけましょう。

カテゴリー: 恋愛成就するポイント   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります